苦労も多く長続きできない

苦労も多く長続きできない ホステスは店内で男性客を相手に接待を行う仕事ですが、お客さんにも様々なタイプがおり、嫌でも話を聞いたりしなければなりません。男性客が居心地の良い雰囲気を作り出す必要があるため、ホステスは気遣いをすることが大事で気疲れをよく起こします。また夜の世界で働くことになるため、帰りが遅くなってしまうため不規則な生活を強いられることも多いです。しかも浮き沈みが激しい水商売の世界となるため、社会的な信用を得ることが難しく苦労も多く長続きできない場合もあります。
もっとも接客を仕事としますが、話の中で男性客に言い寄られてしまうことも多く断ることが難しいケースが多かったりします。言い寄られて断ると感じが悪いし、断ることで売り上げにも響いてしまうこともあり、相手を悪い気持ちにさせないで断る工夫が必要です。
ホステスを辞めてからも一般の会社に就職する上でもブランクが存在すると、就職する上での足かせになることも存在します。ホステスの仕事は成功に憧れて仕事をし始めますが、言葉に言い表せない苦労も多いのも事実です。

アルバイトとして働いている人

アルバイトとして働いている人 ホステスのバイトというと、学生がお金を稼ぐためにしているというイメージがあるかもしれません。
学生がバイトとして出来るような仕事なんだと思う人もいたり、おじさん達相手にお酒の相手をするだけ、と思う人が多いのですが、そう簡単に勤まる仕事内容ではありません。生半可な気持ちで出来るわけではなく、その仕事内容も多岐です。様々な目配り気配りが必要な仕事でもあります。
ホステス相手のクラブを訪れる人は、若い人よりも年配者が多いようです。落ち着いて話がしたい人や、仕事の愚痴を話に来るような方なので、相手が満足するまで話を聞ける能力は然り、相手が話しやすい雰囲気も併せ持たないとなりません。勿論聞くだけではありません。
同調だったり、簡単なアドバイスのようなものだったりと、それは相手によって様々です。相手が望んでいる返答を考えて見極める必要があるのです。
その内容についていけるよう、日々の時事問題や知識教養も身に着ける必要があり、さまざまな話題に対応するため、時事問題や経済動向など毎日、新聞やネットをチェックしたり、地道な努力が必要な仕事です。
こうしてみると、ただお酒の相手をしているだけという、決して楽な仕事ではないことがわかります。