口説かれても上手くかわすホステス

口説かれても上手くかわすホステス ホステスの仕事は、お客様にお店に来ていただいて指名をしてもらい、一緒にお酒を飲むことです。
お酒を飲むと一口に言っても、ただお酒を飲んでいればいいと言うわけではありません。
ホステスの仕事は売り上げを上げることですから、お客様にたくさんお金を使ってもらうことが仕事の要になります。
とは言え、ただ一緒に飲むだけでお金をどんどん使う人はなかなかいませんから、お金を使ってでも一緒に飲みたい相手であると思わせることがポイントです。
指名をもらうにも、指名料を払ってもらわなければならないわけですから、このホステスと飲みたい、と思わせられなければ指名をもらって売り上げを上げるのは難しくなります。
そこで色恋営業と呼ばれるような、気のあるそぶりをしながら相手をする営業方法が活用されるのですが、口説かれたり誘われた時に上手くかわすことができなければ、この営業方法で売り上げを上げることはできません。
かわし方の上手なホステスは、相手をその気にさせながら、なかなか落ちない女性であることを演出することで、指名客を増やしながら売り上げを上げているのです。

ホステスはお客さんとの共通点を上手く見つけ出す

ホステスはお客さんとの共通点を上手く見つけ出す ホステスはお客さんとなる人との共通点を見つけ出すのが非常に上手く、そのスキルがどれだけ卓越しているかが、直接ホステスとしての結果に繋がっていると言っても過言ではありません。
ホステスという仕事に限らずとも、自分と相手との共通点を見つけ出すスキルというのは、人生を生きる上でとても役立ちます。
人と仲良くなるのが上手い人というのは、往々にしてこのスキルが他の人より優れています。
仕事をうまくこなすにも家庭生活を潤滑にこなすにも、このスキルは必要不可欠であり、このスキルを磨くことで生きるのが容易になります。
では、なぜホステスはこのスキルが身に付いているのでしょう。
それは、普通の人よりも沢山の人と触れ合い、話しをしているからです。
言い換えれば、その他の人よりも場数を多く踏んでいるため、その技術に磨きがかかりやすく、また接客業の中でもとくにお客さんとの距離が近い職業なので、常に敏感に察知する能力が求められるからです。