高級クラブで働くホステスに必要になること

高級クラブで働くホステスに必要になること 高級クラブで働くホステスは、様々な知識を持っていないといけません。
ホステスはお酒を注ぐ仕事ではなく、お客さんの会話に参加し喜ばせる役割も大きいです。
高級クラブの場合、ほかのお店とは違い社会的な地位が高い人たちも多く訪れます。
それらの人たちと会話を交わすためには、十分な素養を備えておく必要もあります。
働くことを考えたときには、ニュースをはじめ様々な知識を身に着けることができるように勉強を行ってみてください。
また、知識だけに留まらず、外見を磨くことも忘れないようにしましょう。
人は、外観からその人を判断する傾向にあります。
体型がだらしない人や品のないドレスを着ていると、女性としての魅力も損なわれることになります。
お客さんに少しでも注目してもらうためには、容姿を磨く努力を忘れないようにしてください。
定期的な運動を行い体をスリムに保つことや、品のあるドレスを選べるだけの目を持っていることは重要です。

高級クラブでのホステスの永久指名制度とは。

高級クラブでのホステスの永久指名制度とは。 ホステスは、高級クラブにて接客をする女性を指します。
対してキャバクラで働く女性をキャバ嬢と呼びます。
クラブとキャバクラの違いとして、キャバクラは基本的に誰でも入ることができますが、高級クラブなどは一見さんお断りの店が多いことや永久指名制度があるということが挙げられます。

永久指名制度とは、お客さんは一度指名したホステスをその女性が店をやめない限りずっと指名し続けなければならないという制度です。
指名されたホステスを関東では係り、関西では口座と呼ぶことが多いそうです。
係りになれば、そのお客さんが店で使ったお金は全て自分の売り上げとなります。
また、自分が係りのお客さんが連れてきた相手も自分の担当になるようです。
お客さんの側からすると、クラブが一見さんお断りである以上、初めて行くときは接待なり誰かに連れて行ってもらうなりのケースが多いでしょう。
そうなると自分をその店に連れて行ってくれた人の係りのホステスが、自分の係りになります。
その女性が店を辞めて初めて、自分で係りの女性を選ぶチャンスがやってくるということになります。